un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

MENU

エンドレスリピート アフター ミー

妻の許容範囲は何かにつけてとにかく狭い。 生理の時は尚更だ。 おかずの薬味から、タスクの遂行タイミングに至るまで、ちょっとでもコンフォートゾーンをはみ出すと思いやりがないとか私を軽んじているとかヒステリーになる。そのことに私が神経質になって…

天神「新三浦」

生卵on the卵とじ。贅沢ですなぁ

深夜の追い討ち

午前2時半。妻の説教が終わったと思ったら、今度は3歳になる次女が珍しく起きてきた。「ねむれない」といってふとんに潜り込んできて「おしっこした」と言っておむつ替えをせがみ「おなかすいた」と言って今牛乳とみかんゼリーを優雅に食している。「何でこ…

終戦。

今日のお説教のタイムは2時間半か。クソ長ぇけど、ご近所迷惑な発狂をして子どもが起きてきて泣き喚くといった惨事もなく、暴力もなかったので成功と呼べるんじゃないでしょうか。これでもまだ序の口。ダイジェストにすると、私の意見がなくていつも妻が考え…

猛獣使いを志願した覚えはない

「ちょっと後で話があるからちゃんと起きてきて」子ども達の寝かしつけに向かう私の背中に浴びせられた刃。酷暑の中仕事をし、家事育児に忙殺されて、ようやくフィナーレが見えてきたところでのまさかの死のロスタイム宣告。この後延々と続く小言を辛抱強く…

長い荒野への旅路

しばらく安定的だった妻の精神状態がにわかに乱れてきた。 あれこれ注文が多いし、とげがある。私の存在自体が邪魔く策感じて八つ当たりしている感じ。 本当は在宅勤務の予定だったけれど、このモードになるとあれこれ難癖をつけて私を排除したいモードに早…

もう感動では撹乱させられないよ

東京オリンピックにまつわる一連の不祥事、不手際、不始末を経て残念に思うことは、これまでのオリンピックで人並みに感動し、興奮した思い出ごと汚されてしまったような気持ちになったことだ。平昌のスケート、アテネの体操、シドニーのマラソン、長野のス…

恥部の博覧会と化したオリンピック

いよいよ本当にオリンピックやる気なんだな。止まらない新型コロナウイルス感染者の増加、次々と噴出する五輪関係者のスキャンダル、関係者による暴行や薬物使用などの犯罪の横行、大規模な交通規制による市民生活の麻痺、チケット購入者の情報漏洩や抜け穴…

博多「ふきや」

福岡に来てわざわざお好み焼きを食べる人などそうそういないと思うが、1週間くらい滞在して一通り名物を堪能したら、ぜひ立ち寄るべき名店。ソースもマヨも独特で中毒性あり。

糸島「波平」

そりゃ金出しゃ美味いもん食えるよねシリーズ。 呼子まで行かずに呼子感を味わえる貴重なお店。

夢を与えないスポーツ

今日はスポーツ関連で嫌なニュースを二つ見た。まずは白鵬の優勝。取り組み結果だけ見れば全勝優勝という素晴らしいカムバックだが、実際の取り組みは大変見苦しいものだった。これは相撲ではない。エルボーやビンタが反則負けにならないのならばルールがお…

コートサイドの喝采

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」「痙攣が腹部まで来たらプレーは中止です。それ以上は命の危険がある。」タイブレーク前のメディカルチェックで、スポーツドクターからそう釘を刺された。 両太ももまで痙攣が進行し、ほぼ満足に歩行…

死因は恥死

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」日本で生まれ育った現在30代の男女には、2006年から2009年までの期間に共通の黒歴史を抱えている。 人生で消したい記憶があるとすれば、私は間違いなく「あれ」だ。 アカウント自体は消したのだが、「…

妻は口論の収め方の作法がなってない

「私も悪かったよ」 この一言を妻が言えたらどんなに幸せだったか。 この一言は実際に非があることを認めるという意味ではない。ただ、感情の衝突を円滑に宥めるための方便みたいなものだ。100パー相手が悪いと思っていても、関係を破綻させるまでのことでも…

高めに勘違いした自己評価が次の子作りの源泉である

幼児2人の圧倒的体力と騒がしさにガス欠の日曜午後。 子供が産まれる前は「あれをしてやりたい」「これをしてやりたい」と、子どもの興味関心にアクセルを踏ませてあげる親でありたいと願っていたのに、いざ子どもを育ててみると「あれはするな」「これはす…

人の愚かさについての格好の教材

この度の東京オリンピックが、無観客開催となった。延期・中止でもなく、完全な形での有観客開催でもない「めちゃくちゃ中途半端」な形での実施となったことで、利害関係者の足並みがばたつき、「舞台裏」が丸見えになったことはとても喜ばしいことだと思っ…

大雨時の在宅勤務は本当に安全か

九州は大雨とのことで、電車が止まって帰宅困難になる可能性大と判断し在宅に切り替え。在宅を選ぶのが同じ事務所で私だけなのはいつまでも不可解だけど、思考することが嫌いなのだという理解をしている。どうぞご無事で。肉体的な身の安全は確保したが、精…

看護休暇、朝日新聞、お目こぼし

看護休暇3日目。次女の熱は下がったけれど、ゼコゼコ咳は相変わらずで辛そう。いくら閑職とはいえ、流石にそろそろ仕事しないと様々なプロジェクトが遅滞するので明日は保育園に行ける程度のコンディションになってほしいと強く願う。この3日間はメールに返…

忘れていた休暇制度

昨日取得した、娘の発熱対応のためのお休みについて、そういえば有給でなくていいんだということを思い出した。「子の看護休暇」現在務めている会社では、年度始まりに対象となる子どもの情報を事前申請しておけば、有給とは別に年5日間、有給のお休みが取れ…

子はいきがい

次女が珍しく発熱。昨日午後から今日まで1日半有休をとり看病。参加予定のアポや会議がすっ飛ぶことにもはや何の痛痒も感じないが、リスケするための事務作業がだるい。昨日は好物の豚汁を作ってあげ、具材はニンジンだけを取り分けて食べさせたら喜んだ。今…

妻の欲望を満たす条件は空集合

私が友人と飲みに出かけることへの協力を妻は拒んだ。友人は今週の水曜にわざわざ遠方から来るってのに、その数時間の捻出もしてもらえないらしい。飲み会の打診など年に一度もしていない。 吟味に吟味を重ねてほぼ唯一これだけは行きたいなと思える回だけを…

内心の自由

今日は次女(2歳)が5時起き。土日で疲弊した身に響くぜ。回復がイマイチな日は不用意な発言を朝からして粘着妻に絡まれるから注意しなくては。特に重要な仕事のある日は要警戒。どんなに嫌味ったらしい誹謗中傷を受けても笑顔で全肯定。あなたの言う通り、…

人生の終着点に相応しい絶景

今週のお題「住みたい場所」行ってみたいところなら山ほどあるが、住んでみたいとなると難しい。長期間住むとなると加点の多さより減点の少なさが大切になる。そして飽きの来ないことも重要だ。飽きないというのは多様な楽しみ方があることと、変化に富んで…

瘡蓋と牽制

あんなひどい目にあったってのに、日常の原状回復力は凄まじく、いつもの土日を迎えている。妻は一日二日は殊勝にしていたが、今日にはもう通常運転で話し方や言葉選び、立ち振る舞いに口うるさく注文をつけてくる。なんであんたってこういう言い方しかでき…

私たちは皆タイムリープしている

最期は神頼みならぬ仏頼み。 これは以前妻がこれでも読んでおけと打ち捨ててあった本である。私の苦悩の元凶から処方された解決策というのは気分の良いものではないが、著者に罪はないので蜘蛛の糸にでも縋るようにページをめくる。すると思いのほか収穫があ…

頭が中から割れそう

「本当にこれでいいかやる前に聞け」 ↓ 「何でもかんでも聞くな」「不安を解消するための質問はするな」「不安を呑み込みやれ」 ↓ 「本当にこれでいいかやる前に聞け」この無限ループから抜け出す方法を教えてください

能面を被るのだ

今日は枕に血がしみていなかった。とりあえず傷はふさがったようだ。 とにかくもう逆鱗に触れたくないので失言は最小限にしようと自分からは極力話しかけず、感情を波立たせず、自分の存在が刺激にならないよう無の境地で過ごしている。びくびくおびえたりご…

上手に離婚できる人を尊敬する

昨日、嵐が吹き荒れて、6年間過疎っていたこのサイトの累計アクセスがついに1万を超えた。ちょっと巨人が横切っただけでこの影響力。世の中にはこんなに人いたのね。過疎地に生まれ育った身としては過疎に慣れ過ぎてて逆にこれまでのアクセス数でも平気なツ…

妻の言い分

"妻に頭をかち割られた。というのは大袈裟かもしれないが、後頭部を鈍器のようなもので殴打され、しばらく流血が止まらなかった。"←前から見てましたが、妻のDVが悪化しているように見えます。言葉のDVも酷くなってる / “誰か骨を拾ってくれ - un deux droit…

とりあえず生きてた

↓こんなことがあったけど、無事に朝を迎えた。 un-deux-droit.hatenablog.com血とは別に透明な液体が出てきた時は「脳髄?」と思って死ぬのかなと思ったが、リンパ液だったようだ。人間丈夫だなと他人事のように感心。自己診断が正しいかは死ぬまでわからな…