un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

罰ゲームと化した真夏の外遊び

ある意味ゴーストタウンです。

超訳・現代語訳『雨ニモマケズ』

宮沢賢治が令和の時代に生きていたならば、こういう男になりたいだろうか。

好きより嫌いって言われたい

自分も「きらい」って躊躇なく言いたい。

芸術ならいつか爆発してくれ

寛容度トレーニング。

親の子離れは遠からぬうちに

親としての役割が変わってきました。

「なんで私だけ」

自分が親にやってもらいたかったことをやってあげるのが子育てなのかなと思っている。

ピアノレッスンは侮れない

英語やプログラミングより、ピアノを必修にした方が良いと思います。

平穏な日常

私に責任転嫁しないのであれば、私は妻の体型に注文など一切ありません。健診だけは受けてください。

こどもの日にこどくを覚える

それを愛情と解釈するのは難しい。

春雨に濡れて

別れの寂しさは成長の種。

金持ち泥遊びせず

2歳児をそこまで「調教」できることを恐ろしく思います。

リアル風来のシレン

毎回ダンジョンマップが変わって楽しいのは子どもの時だけですよ…

聳え立つ小1の壁の高さたるや

育児は1人でやるもんじゃない(6年連続6回目)

学童弁当bootcamp

自分がせいせいするためだけに、世の中の男親全員に弁当作りさせたい気分。

午前1時の素麺

これが子育ての醍醐味ってやつですよ。

桜満開の春に

試練に立ち向かう次女。

シフト組み地獄

2人の子どもを別々の保育園に通わせている都心の親御さんには頭が上がりません。

藤井聡太 実生活ver.

家庭の運営と仕事の遂行の両立はなかなかに高度な知的格闘技である。

保育士は「第二の親」である

保育士という仕事の尊さについて。

晴れ男でござい

夫婦互いに「自分の望まない評価」をくだされることを避けたいがあまりにギクシャクしているという話。

異文化を接触させる

いつの時代も子どもは地域社会で育てるもの、であってほしい。

3月→4月の激動

内輪で勝手に盛り上がってイベントの質量を水増ししてくる一部の保護者に穏やかならざる感情を抱いています。

The・日曜日の深夜

これが子育ての醍醐味ってやつですよ(死)

親の責務は待ってくれない

いつだって一軍スタメンなのです。

綱渡りの引越し保活

4月以降の生活が路頭に迷わずにすみ安堵したものの、そもそもこんな簡単に生活基盤が揺らぐ社会ってどうかと思う。

ディズニーなめてた

ディズニーは女の子のためのみにあらず。

保育園難民になりまして

子どもを持つと生活環境を変えることにペナルティが生じる社会です。

イソップ童話の「キツネとぶどう」とは少し違うと思ってる

幸福な人生は、実は思い描くビジョンに到達する「少し手前」にあるのではないか、という仮説。

女性は十分活躍している

「女性活躍推進」という手垢のついた風潮の欺瞞について。

豊かさを持て余す

北海道の僻地で育った経験から、田舎で子育てすることの長期的なデメリットについて。