un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

MENU

贅沢な子育て

怒涛のゴールデンウィークがついに終わった。散々遊びに付き合い、わがままをいなし、夫婦喧嘩に明け暮れ、ようやく迎えた最終日の名称が「こどもの日」。こちとら365日子どもの日じゃわいと呪詛をぶちまけ、よほどカレンダーを引きちぎってやろうかと頭に血が昇ったがなんとか思いとどまった。
あさごはん、おやつ、昼ごはん、おやつ、夜ご飯となんだかずっと食器洗いしていたような気がする。指先が洗剤に負けてボロボロだ。世はコロナ禍真っ最中だろうけれど、ニュースや新聞をマジマジと見る暇がなかもはや気にしていない。「ビジネスパーソンなら時事に疎いのは致命的」とほざくおっさんどもは間違いなく子育てをしていない。致命的であろうとなかろうとどっちでもいいのだが、自分のことだけにかかずらっていられて大いに結構。暇だからといって盛んに俺を見習え的なメッセージを口うるさく発信しているのは寂しいかまってちゃんなのだろう。

いつもの公園の砂場で、次女が服を水浸しにし、靴を脱いで靴下のまま駆け回り、砂と泥まみれにしているのをなすがままにさせていると、たまたまきていた長女の同級生の母親に声をかけられた。
「靴下は…誰が洗うんですか?」
妻が漂白にはこだわりがあるので妻に任せてます、と言うと、予想外といった反応で「寛大な奥様ですね〜、うちはとてもとても…」と言って去っていった。私が洗うからここまで汚しているのだ→公園に付き合い洗濯までやって感心ですね、という話に、どうやら持っていきたかったみたいだ。夕飯を作る妻のために人払いをしているお父さん像を押し付けられた気がした。違うんだよ、洗濯はやらない代わりに夕飯が私の当番なのだよ。彼女の予想はきっとどこまでも外れている。正解は、もう夕飯の豚汁を仕込んだうえで公園にも来ているのだ。夫婦ならではの分担方法について他の家庭にはわかるまい。

大変だ大変だと喚いていても、結局大変さは自分たちが招いているのだなと思った。夫婦で分担しているから服を汚される程度についても許容範囲が広いし、夕飯に豚汁を手作りするという手間をかけられたりもする。もっと切り詰めて無駄を排除し、子供を統制させれば家事負担は減らせるし、減らしている家庭は実際にある。自分が自分に許している贅沢のおかげで苦しんでいるのだから文句を言う筋合いはないのだな。やれやれ。

鋼のメンタル

また今月も生理週間がやってきた。妻があれこれつっかかり、私が我慢の限度を超えて、戦争勃発。毎月同じことの繰り返しでほとほと嫌になる。言われて嫌なことに対する不快感、また言われるのではないかという不安感から逃げない、動じないためのメンタルの強さが必要。心を鍛えなければならないが、先にストレスによる心臓麻痺で死にそう。

元カノの姉

学生時代の元カノ繋がりで、さらに余計なことを思い出した。彼女の姉が秋葉原でメイドをやっていたのだ。

カミングアウトされたのは付き合ってから数ヶ月後、地元や兄弟の話になって、「そういえば…」と打ち明けられた。

話を聞きながら、「姉がメイド喫茶で働いているというのは、たしかに気がひけるかもな」と思っていたのだが、情報を伏せていたのはそのためではなかった。実は芸能活動に片足を突っ込んでおり、その界隈ではそれなりに有名人だったのだ。芸名で活躍していてwikiにも載っていた。テレビ出演も何度かしており、YouTubeに転載されていた。さらにはDVDまで発売が決まっており、その販促動画で彼女とほぼ同じ顔と背格好の姉が水着姿をネット上に晒し、好奇の目を集めているのは、自分の彼女が不特定多数の男から視姦されているようであまりいい気持ちがしなかった。

その後いろいろあって姉は表舞台から姿を消した。(いろいろの中身を書くと未だにネットから拾えるので伏せておく。)私も彼女と別れてすっかり存在を忘れていたのだが、ふと気になって調べてみると、全く別の芸名・別フィールドで活動しているのを発見した。10年のブランクを感じさせない見た目の変化のなさに、「これ〇〇〇〇じゃね?」と気づく人は気づくと思うが、そんな野暮なコメントを動画に残す人は今のところいないらしい。ロンダリングさせるには前芸名で残存するwikiと若干プロフィールがかぶっているのが気になるがとりあえず元気そうで何より。10年経ってもなお変わらぬ幼さで、そりゃまだアイドルやりたいわなとしみじみ思う。逞しく頑張って欲しい。

学生時代の恋愛は成就させない方が無難

GW初日から発熱、今日に至るまで咳を繰り返し、三日三晩不機嫌し通しの次女を寝かしつけてクタクタになった23時。不意に大学時代に付き合っていた女性のことを思い出した。結婚まで考えていたが、転勤で遠距離になって、福岡が気に入ってしまった私と、札幌に戻りたい彼女との価値観の差が埋まらず破局した。
子育てに忙殺されてしょぼくれた今の自分を眺めると、当時の彼女にこのような姿はとても見せられなかったなぁとしみじみ思う。
学生時代の恋愛は、パートナーには若く健康で無敵な姿しか見せないで済んだ。しかし結婚、子育てとなると惨めで無様な姿を晒し続けなければならない。社会人になってからの出会いであれば、まぁ人生こんなもんですよね、とある程度現実を弁えた上でお互いに過度な期待を寄せずに結婚まで行けるので、落ちぶれた姿もさほど抵抗なく晒せる。自分に対しての期待値が低いからやっていける部分がある。学生時代の出会いから結婚まで行ったカップルも何組かいるが、ちゃんと元気でやっているだろうか。

子どもにお金を使う喜び

来年使う長女のランドセル購入。6万也。気に入った柄のものがあってよかった。
子育てに関わる出費について、完全に麻痺している。誕生日プレゼントとか、習い事とか、万単位でお金が飛んでいくけれど、あぁそうですか、っていう感じ。必要経費とどこまで行っても割り切れる。少しでも安いものを、という発想になれない。対照的に、自分のものはほとんど新調しないか、容赦なくダウングレードしている。これは一体どういうことだろう。
子が可愛いとか、投資だとかいうのとはちょっと違う。さも自分のものを買ったかのような満足感があるのだ。
子育てに関わる出費が馬鹿馬鹿しい、全て自分のために使いたいから結婚もしないし子どももいらない、という人に何人か出会ったことがあるが、1番金が欲しかったのは子どもの時だったんだよな。もう今の自分は手遅れ。今更欲しいものはない。そんな恨みを昇華させるために子どもにざくざく注ぎ込んでいるのかもしれない。