un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

空元気

発熱。37.6℃。連休最終日は不穏な幕開け。取り急ぎカロナールを飲み家事スタート。掃除機をかけトイレを洗い、お昼ご飯を作り皿洗いまでしていよいよ気分が悪くなったのでまた寝込む。15時位に目が覚め、少し復調してきたので妻と子どもの買い物について行く…

空蝉

今回も離婚に失敗してしまった。もはや、妻に離婚を決心させることは無理なように思う。2人の関係を分つのは死別の時のみ。その重苦しく圧倒的な現実に押し潰されて、気力が湧かずにいる。昨日のトラブルは、もっぱら妻が担当している家事を、私が迂闊に手を…

パートナーシップ向上の秘訣と皮肉

妻から「最近なんだか頼もしい」という評価をもらった。悩みや愚痴を妻がこぼしているときに、ただ相槌を打つだけでなく、率直に意見を言ったり、励ましたり、といったアプローチがあり、「私には味方がいる」と安心感を覚え、問題に対して前向きに立ち向か…

パートナー機能をパーツに分ける

5月、妻との生活が苦痛でしかなくなり、このままだと精神が壊れてしまう、という身の危険を感じていた。離婚届を持ち出すも妻に別れる気はなく、かといって自分に死ぬ勇気もない。八方塞りに思えて脳が爆発仕掛けた瞬間、自分が考えまいと頑丈に施錠していた…

家庭内職業訓練所

時間が経つのが引くほど早い。前回のブログからはや1週間。このまま放置すると全く書かなくなりそうなので、書くことを目的にして書く。前回の離婚騒動からほとぼりが冷めて、また変わらぬ日常を取り戻している。 妻はこんな話をした。「私があなたに言って…

いつだって手元には離婚届を

連休最終日、私の我慢にも限界が来て子どもを置いて家を飛び出した。妻は私の背に向かって「都合が悪くなったらそうやって逃げるのか」と吐き捨てたが、構わず鍵をして対話を拒絶した。怒りに任せて目的地も定めずに歩き、ここまでの顛末を振り返って自分は…

地獄からの逃走

連休最終日。毎日のように妻の小言、嫌味、言いがかりを聞き、そのたび衝突して、消耗して、もう向き合うことが嫌になって家を出てきた。ご飯の準備をしてきたがそれももはやどうでもいい。私がいない生活を楽しんで、私がいない生活を苦しめばいい。パート…

採点と配点

今朝も朝から痴話喧嘩。もううんざり。そんなに違和感が気になって仕方ないなら、俺を漂白剤にでも漬けて殺してくれ。「そんなに気に入らないことが私に多いなら、そもそも私はあなたに全くフィットしてないんじゃないの。全然違う人間の型を無理やりに嵌め…

権利と義務、自由と責任

今年度のひな祭りは大惨事で幕を閉じました。きっかけは些細なこと。妻の小言が耳障りで、私反応が悪かったのだが、その態度を妻が許容できなかった。その許容できなかったことに私が憤慨した。以下無限ループにエスカレート。サラエボ事件よろしく、火種は…

日常に連れ戻されて

出張から帰り、家族とのいつもの日常に強制リセットされた。この土日はひな祭りという家族イベントにみっちり費やされる。ケーキやちらし寿司を子ども達と作る。昔の交際相手に会ったことで、もともとあった心の空洞を改めて直視することになり、目の前の家…

精神的不倫

昔交際していた女性から、パートナーと離婚したことを告げられた。交際は大学の時なので、もうかれこれ15年以上前の付き合いだが、お互い違うパートナーと結婚したあとも、お互い出張などで近くに寄った際はメシに誘う関係が続いていた。昨日はもともと私か…

夫婦喧嘩の後遺症

会社の先輩を仕事で福岡に呼んだので、一緒にランチ。お互い年を取ったのもあるのかもだけれど、大して会話が盛り上がることもなくタイムアップ。昔はよく新宿で、馬鹿なノリで飲み明かしたものなのだが、実はそんなに心許していたわけでもなく、私が鈍感で…

妻に味方は要らない

今日もくだらないことで口論から始まった。妻が仕事の愚痴をぼやき、それに対して安易に同調したら「そういう話でない」と不機嫌になった。妻はただ私に、痰壺としての役割だけを欲している。 痰壺が気の利いた切り返しなどしてほしくないのだ。私は人間なの…

僕はメタモン

私は比較的どんなことでも、やらないでほしいと乞われることは、辞めたり諦めたり差し控えたりすることがどきる。 酒を飲むなとか残業するなとか携帯ばっか見るなとか、およそ男性が妻に言われるようなことは従順に協力してきた。その挙句の果てが育休(仕事…

家に帰ると新型うつ発症

夕方が憂鬱である。もうすぐ家に帰らなければならない。帰ったらまた夕飯を作り、妻との会話をつつがなくやり抜けなければならない。クリスマスプレゼントはどうするだとか、年末年始はどう過ごすだとか、12月は話し合う話題が多すぎる。世の中から一切のイ…

病めるときも健やかなるときも独り

妻が生理前ということで定例説教タイム。今回は午前3時まで続く。頭がぼんやりする。妻に言われてぐうの音も出なかったのは、私は妻に不快な思いをさせないように細心の注意を払っているが、妻を幸せにするために生活してはいないということ。不快の除去をい…

コミュ力って双方向性のものだよね

昨日は白水大池公園に出向く。すると、長女が通っているピアノ教室の友達とばったり遭遇。夕方まで一緒に遊ぶことに。友達の親御さんとは今まで接点がなく、先週あった発表会で軽く挨拶した程度。ただ、示し合わせたわけでもなく短期間に二度も顔を合わせる…

白旗を挿したまま息をしている

妻が転職してから一ヶ月。「もっと早くこのクラスの会社で私は勤めるべきだった。そうしたらもっと違う人生だったのに」ということをしばしば口にするようになった。そのたびに私はいたたまれない気持ちになる。妻の新しい勤め先は東大早慶がゴロゴロいるよ…

こっちもあなたにノイローゼ

妻が早くも猫の飼育にノイローゼ症状をきたしている。 同一空間を誰かと始終共有することがストレスで、それは猫であっても同様らしい。家族を持つのにほんと向いてない。そのくせ孤独は嫌い。魔法のランプじゃあるまいし、あなたの都合で現れたり消えたりで…

飼い猫は電流棒の悪夢を知るか

猫を飼い始めて1週間が経った。環境の変化を嫌ってご飯を食べないのではとか、急に寒くなったので風邪を引くのではないかとか、所構わず糞尿を垂れ流すのではないかとか、様々な不安を抱えていたが全て杞憂だった。ブリーダーさんのもとでしっかりと躾をされ…

メモ:家庭円満につながるコミュニケーションの型

妻の主張:傾聴の姿勢のみなのがウザい。夫の率直な意見を聞きたい。ただ寄り添ってもほしい。テーマへ関心があること、妻の味方であること、意見を気兼ねなく言える安心感を持っていること。この3つを発信するのが夫婦の会話の目的である。上記が妻に伝わる…

ヤワなハートが痺れる

ここ最近妻の情緒側ずっと不安定で、口論の頻度、悪化度合いが酷い。今朝はおはようのあと直ぐに「コレを捨ててもいいか」という判断を迫ってきて、寝起きの私がうまく処理できずにまごつきながら「いいんじゃないか」と返答すると、「なんでそんなに含みの…

そこに「愛」はあるんか

私は妻の口の効き方が嫌いだ。「なんでも〇〇なん?」と、あたかも相手が100パー悪く、他罰的な言い回ししかしない。家族に限らず人間関係は相譲らなければうまく回らないというのに、自分はそのまま、相手は完全譲歩。その論理的根拠は私が不快だからだ。世…

勇者とエクスカリバー

妻が転職した。アサインされるチームメンバーとの顔合わせをしに、明日から早速東京に行く。ほんの2日間だが、気持ちの安らぐワンオペ生活を満喫する予定。妻が不意に、前職を辞めた理由について語り始めた。その理由の一つとして意外だったのが、「会社役員…

そんな朝が僕は好き

今朝、妻がおよそ12時間ぶりに起きてきた。前々日に夜更かししたのが祟って、昨日の夕方からダウンしていた。こんなことがなくても子どものお迎えと夕飯と皿洗いとお風呂掃除とお風呂の付き添いとドライヤーと歯磨きの同伴と寝かしつけは普段からやっている…

定言命法に則って生きてたら人間関係は破綻する

妻から「あなたには思いやりを感じない」と吐き捨てられた。なんのことやら、と黙って聞いていると、私には相手に気に入られたいという下心や、相手に喜んでもらいたいという打算が全く感じないのだそうだ。私は食事を作るべきだから作る。不倫をするべきで…

妻との暮らしを割の良い副業と割り切る

妻は生理が終わってもまだまだ口うるさいので、どうにかしてこの難局を乗り切らねばならないと考えて行き着いた先が「ATM扱い」だった。世の専業主婦と全く同じ境地。このツベコベに耐えれば黙ってても年収600万が上乗せされるんだ。年収600万の副業なんてそ…

雨降って地ぬかるむ

昨日出ていった妻は深夜一時に戻ってきて、そこから朝まで生テレビよろしく午前七時まで口論。途中何度も妻の発狂がご町内に響き渡り大変ご迷惑おかけしました。四時過ぎから互いに思考の巡りが悪くなり、論点の噛み合わない不毛な議論を続けた。長女が起き…

妻が出ていった

妻の言い分は言い分として、妻側にも問題や行き過ぎたと反省すべき点は一つもないのか、全ての問題は100%私が悪いのか、人を指差す前に自分に対して指差すことは出来ないのか、と問い詰めたら「出ていけ」と発狂し、私のありったけの私物を玄関外に打ち捨て…

あなたの予定に価値はない

お盆休み最終日。休日の過ごし方はもうネタ切れで、妻とのいざこざネタもこすり倒し、外食にも胃が疲れてきてしまって、平日のありがたみを感じる。明日が待ち遠しい。来月末に東京出張があるのだが、義母はその日に予定があることが発覚し、当然妻も私の予…