un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

2018-11-01から1ヶ月間の記事一覧

養子という選択肢

「私、不妊治療始めたんです。」久々に再開した友人とのランチで、のっけから先制パンチ。まぁよくあることだよね、と平然とした顔で受け止めたつもりだが動揺が隠せたか定かではない。私はその友人が妊娠し、中絶した過去を知っている。それが今度は不妊治…

同期の子の名前

久しぶりにLINEを開くと、会社の同期に子供が生まれたという報告を見つけた。その書き込みには、ご丁寧に子の名前まで載せてある。火偏の漢字が入った、なんとも攻撃的な二文字。感想がうまく出てこない。一言で言うなら「あちゃー」である。1人で抱えきれな…

父親は急に止められない

これから書くことは嫉妬である。先にそれを記しておく。誰に対してか。それは自分以外の父親に対してだ。何に対してか。それは父親でありながら好き勝手に飲み歩けることに対してだ。事の始まりは2年前。長女の育児休業開けを機に地元の父親サークルに所属し…

『育役(イクエキ)』という言葉を作りたい

深夜4時。いつものように夜泣きで起こされ、粉末ミルクを溶かし、飲ませながら5分弱座ったまま制止。また寝に入ったら今度はおむつの交換。これでぐずらなければおつとめ終了。また床に就くことを許される。眠気で朦朧とする中、唐突に頭に浮かんだのは「役…

スピリチュアルに引き込まないでくれ

会社を辞めた同期の女性からメッセージが来た。田舎に数日泊まって自己開示させられるワークショップを企画していて、それに参加しないかというお誘いだ。彼女が会社を辞める前は互いに愚痴を言い合い相談に乗ったりする仲ではあったものの、こういう誘いを…