un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

俺なりのテニプリ(暗黒編)

現実のテニプリは世知辛いのです。

スマニュー砲を浴びていたのか…?

10日前のことで、ぬか喜びすらできず。

隣の芝生は青く見えるようだが、こちらの芝は全て焼き払われたよ

人間万事塞翁が馬。「じんかんばんじ~」って読むんですって

身体を酷使する快楽

自動引落の月額利用料って死んだらどうやって停止するんだろう。

'22参院選は立憲民主党一択

多分小田嶋さんの死に触発されている。

追悼 小田嶋隆様

「眼」を一つ失いました。

親がいとこ同士なのです

どこの教会に行けばこの呪いは解けますでしょうか

北海道民でも伝わらないかもしれない「ポークチャップ」

飯の話なのに再現できないので画像がない。

旧人類的な矜持

20代までは三大欲求だけで生きて欲しいと思います。

白亜の城

絶望感は金田一の「蝋人形城殺人事件」で多岐川かほるがバルト城を目にした時のソレに近い。

脳内の本棚を棚卸す

星新一だと「おーいでてこーい」が大好きです。

15年前のOZ

青臭い話。

けんけんがくがく

くだらないプライドを引きずっています。あ、「ひきづる」って書く人も多いですよね。「一人づつ」とか。気にならない人が羨ましいです(褒めてない)

追悼 上島竜兵

ご冥福をお祈りします。

知床事故に見る北海道民の宿痾

大地は引き続き試されています。

青年期は人と比較しないことが大事

若さというのは時に残酷だから、当事者のうちは直視しない方が良い場合もある。

ドラマが豊作ですね

娯楽に興ずることのできるゆとりを寿ぐ。

オッサンの支配欲はもういいぜ〜【書評】黒川祐次『物語 ウクライナの歴史』

ロシアとウクライナの戦争を眺めての雑駁な感想。

怒りに負けるな

理性的に怒りの感情を表現することはできるはず。

「他言語を操れる」ということの意味するところ

たとえTOEIC満点でも、英語話者と心が通じ合えるとは限らない。

持病の直視

「寄る年波には勝てない」と三十路で呟く。

脊髄反射で乗り切る

沈思黙考する脳細胞が死んでる気がする。

健康のありがたみ

幸福というのは失って初めて気づくもの。

経験は他人の利益のために

この辛い痛みが誰かのためになるなら。

美醜と良縁の因果関係のなさ

男女のマッチングのブラインドスポットをみつめる。

世界大戦の終わりはすぐそこに

ロシアのウクライナ侵攻を観察して戦争の姿は様変わりしてしまったなぁという話。それが幸せかどうかはわからない。

自力では辿り着けない秘宝

プロに話を聞いてもらうということの侮れなさについて。

「賃貸vs持ち家」論争の終焉

「賃貸・持ち家論争」にてあっさりと賃貸派→マイホーム派に寝返った話。

桃の節句に腰をいわす

何でもないような日常が一番幸せって事です。

俺なりのドラゴン桜、あるいは金八先生

生育環境のビハインドを、学歴でロンダリングしようとした話。