un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

こどもの日にこどくを覚える

それを愛情と解釈するのは難しい。

結婚生活の必要十分条件

煩悩に塗れた私には、妻が単なる無神経な人間に見えます。

ホウレンソウがない理由

ホウレンソウ「する」側ばかりに問題の原因を求めるのはフェアじゃない。

精神的負担についての話を聞く精神的負担

自ら矢面に立ち、恥をかき、評論されよ。

空虚な悦び

目指した山も、登頂してしまうと呆気ないもの。

私は痰壺じゃない

あなたの望むものはあなたが自ら遠ざけている。

藤井聡太 実生活ver.

家庭の運営と仕事の遂行の両立はなかなかに高度な知的格闘技である。

晴れ男でござい

夫婦互いに「自分の望まない評価」をくだされることを避けたいがあまりにギクシャクしているという話。

克服すべき壁

妻の指摘全文。備忘録として。

24時間の感情労働

甘えた寝言は全てブログに。

最近の夫婦関係の進捗報告(誰に)

妻の主夫育成計画

妻が男女共同参画担当大臣に任命されたら日本を救うと思う。

贈与も返礼もできるだけない方がいい

本当に「世界は贈与でできている」べきなのか?

自由の履き違い

他人の自由を制約したくなる人が減らない原因。

家庭は円満に「なる」ものではなく「する」ものである

コロナで保育園が閉園になって、家庭円満が脅かされています。

永久バーサクモード

義母と娘のブルース。もといブルータス。あるいはブルータル。

日常的に口にしていなければ失言はできない

義母が驚愕した妻の口癖。

鬼は内

本当の鬼は何処に棲む。

Humankind 希望の歴史

ピグマリオン効果とゴーレム効果についての実体験を回想。

音のない世界に憧れる

しばらく執筆意欲を失っていた。このまま放っておくと復帰できないような気がして、無理やり編集画面を立ち上げる。私が意欲減退を引き起こしている原因は妻の不機嫌にあるのだけれど、もうそのことはこれまでも死ぬほど書いた。ある意味妻はかわいそうだ。…

「男性育休促進」だなんて眠たいこと言ってんじゃないよ

某行政団体より、育休経験者のインタビュー依頼が飛んできた。男性の育休取得促進事業らしい。これだけテコ入れして全然伸びないんだからもう諦めてみんなでなかよく国家衰退の道を辿ったら?と思うが、私が辞退することで代わりにキラキラしたテンプレ育メ…

「本質」と「現れ」を解きほぐす

kkawasee.hatenablog.comこの本を読んでから早速夫婦げんかが勃発したのだが、諍いを収束する上で早くも役に立った。 参考になったのは「本質」と「現れ」の議論のパート。なにか妻と私で話がいつまでも噛み合わないなぁと思っていたら、「表出した行動や発…

女性中心社会で男性が生き延びる方法

・立場に高低差をつけない。上司部下、あるいは発注先と業者のように、指示→受諾のような一方向のコミュニケーションを好まない。男性的には、指示内容には疑義を挟まず丸呑みして即実行がゴールへの最短距離のように思えるが、女性はただゴールすることを望…

口は災いのもと

「山ちゃん、これでも声優やってるのか」101匹ワンちゃん2を見てから美女と野獣を見ていて、思わず口をついて出てしまった。 まずい、と思ったが最後、妻のパトロールに引っかかってしまった。「なんの話?」 「あ、いや山寺宏一がね、さっきも出ててこれで…

我が家は片務的最恵国待遇

土日をほぼワンオペで乗り切る。妻はいるにはいたのだが、これから建てる家の間取りや家具について延々と思いを馳せて過ごしていた。それはそれでこれからの家族のためになるありがたい仕事なのだが、目の前の子ども2名の七転八倒劇を完全に無視できるタフネ…

妻と話の噛み合わないやるせなさ

topisyu.hatenablog.com上記記事を読んで。これからの子育て環境について少し懸念。 我が家ではニュースを見ない。新聞も取っていない。妻は、反知性主義というのは言い過ぎかもしれないが、世間の出来事について意見することを鼻持ちならない態度として嫌悪…

全身全霊で空気を読まない

今日も妻の機嫌が悪い。どうせ排卵日。子どものちょっとしたわがままにすぐピリピリしている。 妻の機嫌に振り回されるのことに飽き飽きしたので、自分は思いっきり余裕たっぷりにご機嫌で過ごしてやった。空気に呑まれない。自分は自分の過ごしたい空気感の…

福岡の火薬庫

今週から地獄の自主在宅勤務期間開催中。オミクロン株の流行が倍々ゲームで進んでいるので判断は正しかったと思う。症状の程度はどうであれ、いざ感染したとなったときの社会的影響度は依然として甚大である。かんたんに保育園閉鎖→様々なイベントの中止とい…

馴れ馴れしさと他人行儀

今日は早朝から日用品のリフィルをめぐって喧嘩。使い切ったのにリフィルしなかったことに怒ったのではない。勝手にリフィルしたことに怒ったのだ。 朝起きると、空のボトルが目につくところに置いてあった。これは補充せよとのメッセージだなと受け止め、パ…

ポイズンな結婚生活

最近は妻とのトラブルを回避できている。というのも、妻の会話に余計な茶々を入れず「相槌マシーン」に徹しているからだ。「へー」「そうなの」「なるほど」「それは大変だね」「すごいね」と、何か言っているようでその実何も言っていない言葉を馬鹿みたい…