un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

MENU

いと恨めしき

ついに妻の生理が来た。生理前のイライラに悩まされること約2週間、ようやくこの針の筵から解放されると安堵。本人も辛いだろうけれど、周囲も神経を磨耗する。
生理になったらなったで戦力にならない、イージーミスが増える、要領を得ない会話が続くなどそれはそれで鈍痛に苛まれるのだが、もうこれは自分が男でよかった、と言い聞かせて乗り切るしかない。
それにしても終わりのない会話をダラダラと続けられるのは本当に辛い。こっちが忙しかったり他のことを考えたいのにお構いなしで続くので、解放してくれと思う。しかし邪険に扱うのも忍びない。本人も好きでやっているわけではないのだから。普段の知的な妻に早く戻ってきてほしい。