un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

800年後に会いに行く

ジャケットが気に入り思わずカゴへ。
タイムトラベルもののネタはもう流石に
使い尽くされただろうよと思いながら
また手に取ってしまった。

SFと思いきや恋愛物的で実はミステリという
なんとも欲張りな構成だったが、
イムリーなテーマがいくつか上手に組み合わせられていて
いつのまにかずるずると引き込まれてしまった。
現実世界に沿った構成なのに、登場人物が
現実離れしているところが
若干気になったが、それを上回る展開の面白さだった。
この著者の他の作品も読んでみることにする。

800年後に会いにいく

800年後に会いにいく