un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

MENU

妻との会話の語尾落ち問題

ここ数日、毎日のように会話の不具合が引き金となって妻と喧嘩をしている。どうにも私の話が不明瞭で意味を取るのにストレスがかかるらしい。

わからないたびにいちいち日本語学校のようにくだくだと指導をしてくるのが本当に嫌で、そんなに自分の気に入った言い回しでないと許せないとかどんだけ狭量なのだと憤慨し、「妻 話が通じない」などいろいろ検索をかけた。
すると最初に出てくるのは必ず決まって男性側の発達障害。私も一時期それを疑ったがどうやらそこまでひどくないみたい。てか妻側の原因ないのかよ、とぽちぽち調べていると、夫側の原因で(妻側の原因でなかったのは不服だが)心当たりのある事象を見つけた。それが「語尾が消える」問題だ。

簡単に言うと、文章の結論で声がしぼみ、結論が聞き取れない状態なのだが、自分の会話を思い返してみると、会話の途中で息切れするなと感じることがある。多分その時に妻に話が通じてないのだ。
私はここ最近妻と会話する時、何かまた言葉尻を掴まれて因縁をつけられるのではという緊張感で肺が固まって呼吸がほとんどできていない。ずっと胸の苦しさをストレスに感じていることに気づいた。自分が知らず知らずかなり追い込まれていることを悲しく思う。
これと言った処方箋はないのだけれど、とりあえず深呼吸をして、肺を意識的に動かす練習が必要。そのうち何かの病気になるぞこれ