un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

MENU

虎の尾の絨毯

今日もまた妻がまた突っかかってきて、何悶着か重ねる羽目になった。私は心底うんざりして、気分が乱れ、おちおち寝付くこともできない。
なぜこんなに絡んでくるんだろう。嫌悪や侮蔑の感情があるなら冷戦状態に突入して最低限のコミュニケーションで淡々とやり過ごせばいいのに、行動や言動のあれこれにいちいちめくじらを立てて追いかけ回してくるのだ。かと言ってこれが屈折した恋愛感情の裏返しみたいなツンデレ行為だとはどうしても思えない。全くどんなモチベーションで私への攻撃の手を緩めないのか謎すぎる。
何かこの先に私が改心する奇跡が起きて、幸せな日常が到来することに一縷の望みでも託しているのだろうか。

冷静に見れば、妻は職場でも同様のウザ絡みをして敬遠されている節がある。仕事はできるから給料は高いが確実に孤立している。かつて彼女は「自分は尊重されるに値する人間だから、軽んじられたと感じた時にそれを看過できない」と言っていたことを思い出した。彼女が何よりも大切にしているのは自分の自尊心だ。それを守るためならばどれだけクソ面倒なコミュニケーションも厭わないし、嫌われて避けられて孤独の道を歩もうとも構わない。集団に埋没することに安逸し自尊心の低い一般的日本人にはその気位の高さが想像できない。だから迂闊にも虎の尾を踏んで報復を喰らうのだ。
それにしても、人から好かれたい、という欲がない人間というのは最強だなと感じる。全く可愛げがない。でもよくよく考えたらそうやって人のダメ出しばっかりして人から疎まれるから周囲から尊重されない事態を招いているのではと思うけどどうなんでしょ。