un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

祝福されない日たち

今週のお題「祝日なのに……」

土曜の朝はいつも辛い。
平日は目覚ましをかけてもちっとも起きてこない子どもたちが、休みの日に限って早起きで、一緒に遊ぼうよとと叩き起こしてくる。
前日は前日で明日は休日だからといつもよりだらけたムードで遅くまで遊んでいたくせに、起きる時間は早くてしかも完全回復しているのだからその若さが恨めしくなる。親としては子供の睡眠時間が圧縮されるとその分まともにダメージを喰らう。

子どもが産まれるまでは、我が家にとって祝日は間違いなく祝福され、歓待を受けるに値する日だった。ところが子どもが生まれてからは忌み嫌われる日となった。公共施設は軒並み空いていない。保育園も問答無用で閉まる。いつもの週間リズムにもう1日子どもの接待負荷が加わる苦行を伴う日なのだ。少なくとも「休」日の要素はない。子どもとの時間は楽しく幸せであるが間違いなく労働日に該当する内容だ。早く月曜になってくれ…そう願う土日はことの他多い。

そんなわけで祝日が土曜日という事象は、我が家にとって間違いなく祝福され、歓待を受けるに値する日となった。どのみち休みである日で、週間リズムを崩されない。気を利かせて月曜にスライドして三連休にされるのが最も地獄。当方としては全ての祝日が土曜日で構わない。というか祝日が休日である必要がない。休むタイミング(=子どもの接待をする労働日)の設定は各家庭の繁忙に合わせて自由に設定させてほしいものだ。