un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

社内での男性育休ヨイショの風潮が若干気分悪い

www.nikkei.com

最近、男性の育休取得を推進しようと、厚労省の動きが活発だ。
それを受けて、社内でも頻繁に新着記事の引用がグループウェアで共有され、間接的に「先駆者としてのあんどうさん」として引き合いに出され続けている。
私は確かに1年弱の育休を計2回取得し、その間ワンオペで乳児の世話を行い、妻の速やかな職場復帰をサポートした。でもだからと言って私の徳が高いわけでもないし、妻や家族への愛情が人一倍深いわけでもないし、卓越した仕事や家事のスキルがあるわけでもない。選択自体は珍しいことなのかもしれないけれど、やってることは平々凡々なことの積み重ねでしかない。私をヨイショしている女性陣たちがまさに自分の人生において誰からも特別な賞賛を与えられることもなく淡々とこなしてきたことを私もやっている。あなたが当たり前にできたことを私が当たり前にできないと思っていたのだとしたら実は私を馬鹿にしていることにもなるのだよ。
もうイクメンとかもいい加減勘弁して欲しい。私がやってることはごく当たり前で普通のことなのだ。やってこなかった男性陣が異常なだけ。私をいくら持ち上げても男性の育休推進にはつながらない。そんなことをしている暇があったら、あれこれ理屈つけてやらない男どもに「テメェの代わりなんざいくらでもいるから育児放棄してんじゃねぇよ」と軽蔑の眼差しを向けてバッシングしておくれ。