un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

MENU

我が家はあと2週間頑張って篭るよ

緊急事態宣言が一部解除されて、なんだかコロナがなかったことになっている気がしないでもない今日この頃、我が家は世の流れに逆らい、STAY HOMEを2週間延長することに決めた。
理由はいくつかある。
一つには流行の第2波が来るんではないかと懸念していること。
もう一つには仕事がすぐにフルの量に戻るわけではないので、無理に登園をさせる必要がないこと。
この辺はまぁ半分言い訳みたいなもんだ。実を言うと、この生活が気に入りつつあるのが本当の理由。
最初は子どもが始終はしゃぎ回ってうんざりしたものの、だんだんその騒音にもなれてきたし、子どもたちも非日常から来るハイテンションだったみたいで、最近は落ち着きつつある。
仕事も自分から能動的に動けないモヤモヤはすっぱり諦め、レスポンスのみに徹することにしてから精神衛生的に安定した。それでも仕事の問い合わせは結構来るもので、それまで営業頑張ってきた貯金がまだ今のところ頼りにできる。23時以降にお客様にメール送りまくるのもブラック企業みたいで最初は嫌だったが、もうすっかり抵抗なくなった。
何より、妻との関係が少し良くなった気がする。緊急事態宣言が出る前から営業を控えめにして宣言後は一度もオフィスや顧客先に出向かず、一貫して家族ファーストで行動し続けている姿勢に心打たれるものがあった様子だ。喧嘩も減ったし、ハグやキスの習慣が戻ってきた。私を尊重したり感謝をする発言が増えて、詰られる一方だった日々が嘘みたいだ。どうやら自分の子どもを守るのに役立ったり協力的な存在を好ましく思うようだ。緊急時で本能的な部分が活性化しているのかもしれない。
なのでコロナは正直体のいい方便で、単にこの幸福な家庭生活に少しでも長く浸っていたいというのがあけすけな本心。今仕事を元に戻すと関係も元の木阿弥に戻りかねないが、あと2週間同じ生活を続ければ、仕事との適切な距離感と、妻との良好な関係が固定できそうな気がする。人生にこれといった目的のない自分にとって、なにより大事なのは日常の平和なのだ。