un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

長女はまるちゃん

明日は保育園の進級式。

長女と一緒に風呂に入りながら、

「次のクラスの担任は誰かね〜」

と話をする。


「そういえば去年のクラスの担任覚えてる?」

と聞くと、

「○○先生でしょ〜、☆☆先生に〜、△△先生!」

とパーフェクトを叩き出す。


「じゃあその前は?」

と聞くと、流石に2歳の記憶は曖昧らしく1人の名前も出てこない。


そこで、

「⬜︎⬜︎先生とか覚えてない?」

と尋ねると、

「あぁ〜、懐かしいねぇ〜」

と知ったような口を利く。


まあ現4歳の人間の、2歳当時の記憶なんざ人生の時間の中間地点だから、30歳の人間にとっての15歳みたいなもんだから、あながち大外れな表現でもない。


ただ、遠い昔を思い浮かべて目を細める姿が、なんとも小生意気で思わず苦笑。


おっちょこちょいで、ものぐさで、減らず口。そう育てたつもりは微塵もないのに、ちびまる子の道をひた走る娘の将来を憂いている。