un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

MENU

育児と営業スキルの両立

下の子が2月から断続的に体調不良で、仕事のスケジュールが夫婦ともめちゃくちゃになっている。今日も午前中は私が通院と看病をし、午後は妻に任せて最低限の商談だけ済ませてさっさと帰る予定。

やっと取れたアポイント、こだわりたかった提案のクオリティ、携わりたかったプロジェクト、参加したかった勉強会。そう言ったものたちが眼前をみすみす通り過ぎていくのを指を加えて傍観する毎日だ。

モチベーションを管理してこそプロ、みたいなことを軽々しく言う人には、たまたま道ゆく子犬がしょんべん引っ掛けたり、フライトで隣に座った人の体臭がめちゃスパイシーだったりして自説の正しさを証明する試練が次々と降り注いでほしい。

今のところ、モチベーションは下がっていないつもりだ。でも、提案のアグレッシブさ、リスクをとって顧客の急所に飛び込み大きな提案を仕掛けるときの気迫みたいなものはちょっと足りないかもしれない。寝不足による体調不良だったり、事前の時間が満足に取れない準備不足だったりして、ちょっと弱気になってしまう。結果、より穏当で、利益の低く、受注確度の高い提案で丸く収めがちだ。

顧客の問題解決は、本質的であればあるほど相手にとって痛みを伴うものだ。その提案は耳が痛く、長々と聞いていられるものではない。なので、やる時は一撃。手早く仕留めないでもたもたしていると相手の中に潜む現状維持モンスターの返り討ちに遭う。一瞬の隙を逃さない高度な集中力と度胸が求められる。それは、モチベーションとはもっと別の性質だと思う。

ちょいちょい仕事を中抜けすることによる、社内の偉い人からの心証悪化はもはや本当にどうでもいいんだけど、狩猟技術だけは死守したいと切に願っている。