un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

MENU

健康は贈与できない。それならば、

池江璃花子選手の近況がニュースで報じられているのを目にした。

病の無慈悲さと、それをものともしない溌剌とした笑顔が、一枚の写真の中に同居していた。

その鮮鋭なコントラストに、思わず息が詰まった。

彼女の一日一日を懸命に生き抜こうとする姿を前にして、ぶつぶつとくだらない不満を吐き出しながら、鼻くそほじって日々の時間を垂れ流している己の醜さを、ただただ恥じ入るばかりだ。

 

「あなたは自分の人生を存分に生き抜いていますか?」

 

口汚い表現を使えば、

 

「なに余裕ぶっこいちゃってんすか?」

 

彼女の写真は、見た人一人ひとりにそう鋭く問いかけるパワーを持っている。

何か駆り立てられている感じ。

自分にできることと言えば、とりあえず腕立て。

体を存分に酷使できることに感謝を唱えながら。

サボって生きてんじゃねーよ、と自分を罵りながら。