un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

MENU

カネカの炎上について

育休を取得した男性に対し、復職二日後に住居の移動を伴う転勤を命じた事例が炎上している。

https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00030/060300015/?n_cid=nbponb_twbn

こういう陰湿な人事が晒されるようになって、テクノロジー的にはいい時代になったなぁと思う。

そもそも、今までが会社都合で自由に転勤辞令を発動できすぎたのだ。

あくまで当人にとっても魅力的なオファーであることが大前提。このポストが空くけど興味はないか、と会社は打診する程度。本人に選択の余地があっていいに決まっている。そのオファーを断ったことが、どうして本人に不利益になるようにする合理的な理由があろうか。

従業員の生活を思い通りに差配すること自体を自己目的化しているようにしか私には思えない。


労働者の主張をこんなに汲んでたら会社が回らない、というのは詭弁だ。必ず回る。もし本当に回らないならそんな程度の会社は潰れてしまえばいいのだ。一人一人毅然と主張して、奴隷的な扱いを平然とする会社を駆逐していこう。