un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

FPの口車

FPと3回目の面談。 初回から継続してアクサのユニットリンクを勧められる。投資信託付きの生命保険というか生命保険付きの投資信託というか。保険ついてる分、投資単品よりも利益は下がるが、利確した時の税金が投資のように20パーも取られないからお得…とい…

いまだに抜けない北海道弁

北海道から離れて早10数年、もういい加減北海道弁からおさらばしたいと思っているのだが、年に数回発作のように口をついて出てしまうことがある。流石に「なまら〜べさ」のような言い回しは早々にさよならした。「したっけ」「なんも」など文頭につくものは…

電子空間における変化の著しさと、現実空間における変化の乏しさの埋め難き隔たり

キリ番出るまでリロードを繰り返していた暇人。10,000アクセスになったのは今年の7月1日だった。un-deux-droit.hatenablog.com10,000アクセスになるのに6年くらいかかってるのに、そこから20,000アクセスまで4ヶ月弱だった。今日もまた巨人が通りかかって磁…

真山仁「ロッキード」

久々に読書中。 事件名だけは知っているが、実際のところ何も知らないので、真山仁の執筆ということもあり読んでいる。ロッキード事件とは田中角栄がロッキード社から賄賂をもらって、その見返りに航空機を購入したという話だと理解している。しかし一つ一つ…

調理担当としての責務

今日の夕飯はシチュー。買い物ミスって買いすぎた牛乳を消費するため。寒くなってきたので売れ行きは上々。昨日の午前中には豚汁を作っておいた。最近太ってきた妻がその増量の原因を料理担当の私に責任転嫁するのを防ぐための布石だ。私が営業に行っている…

話せないのではなく話したくないだけ

自分も、どもり治んねぇかなぁと思って見た映画。 私は妻の折檻が引き金となって悪化した感じがあるが、映画を見ると吃音というのはやっぱり精神的なものなんだなとしみじみ実感。自分はこれほどひどくないと思っているが妻には同じくらい聞き取れないんだろ…

まずはリングに上がりたい

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと」今日は建築士と会合。会ったのは2回目だが、なんかどこかでみたことあるんだよなぁ、とモヤモヤしていたのだが、ようやく記憶の奥底から該当の人物を引っ張り出してきた。大学1年の時…

死なない点において結婚は墓場より酷い

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」 ブログ名もしくはハンドルネームの由来は? 本名をもじって はてなブログを始めたきっかけは? 育休 (はじめは育休ブログだったんだった‥) 自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな…

魔性の女

昨日の早朝、学生時代に付き合っていた女性に復縁を迫られる夢を見て飛び起きた。こっちが子持ちの既婚者にも関わらず、だ。全部リセットしてやり直そう。いろいろ寄り道したけど結局私がよかったでしょう?と訳知り顔を見せる。ご名答だよ、君と一緒になっ…

シェイプアップもしくは老衰

子どもの寝かしつけで寝落ちしてしまい、変な時間に起きて寝付けなくなった。今朝ランニングして疲労が溜まっていたのかもしれない。久々に体重を測ると大学生以来の65kg台。12月から毎週ちまちま走ってきたのがようやく効果出てきた感じか。12月からは-3kg…

試されすぎな父親

昨日はこれを読み切るために3時過ぎまで起きてたせいでひどい寝不足。迂闊に手を出したら面白すぎて止まらなくなった。 四十絡みのおっさんが、一人娘の命を守るために一線を越えるところから話が始まる。その出来事が次の困難を招き、この困難の解決が更な…

自我の胃もたれ

音楽をシャッフルして聴いていると、久々にミスチルのHallelujahが流れてくる。懐かしいなぁと思って聞いていたが、徐々に歌詞が聴くに耐えなくなってきて途中で再生を止めた。「僕の存在が君の無限大の可能性を奪」っても構わないと思える傲慢さがアイタタ…

お金を溺愛する人種

午前中、休みをとって妻とFPに家計診断してもらった。妻がしっかり稼ぎ、堅実に資産運用しているおかげで、ローンを組んで家を建てても路頭に迷うことはないだろう、というシミュレーションをもらった。 その後は延々と資産運用の話。妻が今かけている保険や…

権力者にペンで刃向かう

この前書いた原稿が会社のオウンドメディアに掲載された。内容は、顧客に向けた問題提起のような形を取りながら、実は自社の経営批判という仕掛けにしている。社内の人間が読んだら明らかに社長の経営哲学の稚拙さをディスってる文章だが、会社の内紛を知ら…

オヤジの社交界

幼少期を北海道で過ごした私は、10月10日が「体育の日」であることに違和感を禁じえなかった。北海道で10月に運動会をやるには防寒が必要だった。もちろんそんな愚行を教育委員会が許すはずもなく、運動会は5月に開催するのが定例だった。そんな私が九州の地…

愚行権の行使

人生で初めて宝くじの購入。3000円分だけ。ネットで買えば当選連絡も口座振り込みも自動。いい時代になったものだ。宝くじが「貧者の税金」と呼ばれていることは重々承知している。健全な知性と忍耐力があれば、投資に回した方が確実に資産形成できるからだ…

仕事とは「どっちでもいいこと」の選択の連続

今週のお題「眠れないときにすること」 眠れない時にするというよりは、これをするせいで眠れなくなっているという話。ここ1ヶ月、活字はろくに読めずマンガばかり読んでいる。 今更読み返してハマってるのがバクマン。連載当時は最初の3巻くらいまででお腹…

推しに課金

はてなブログproを契約した。私はとってもケチンボだが、何か施しを受けた時、返礼しないとお尻がムズムズする性分である。はてなブログさんには私の投稿を賞に選んでもらったので、何かお返しできることといえばこれくらいかなと考えた。私は想像力が乏しい…

裸の心は見苦しい

この度ははてなブログ20周年という記念の機会に、インターネット文学賞最優秀賞という身に余る栄誉をいただき誠にありがとうございます。栄光の余韻に浸ることもなく、本日もこんな時間まで妻の説教を食らっておりました。妻は実に多種多様なことにイラっと…

これがうつ病というやつなのか??

先週から相変わらず熱っぽく頭がだるい。でも平熱。未知の現象で不快である。 埒が明かないので、昨日やけくそで1週間ぶりのランニングをしてきた。 運動機能に変化はなく、それまでと同じタイム、同じ距離を走ることができた。 その後の体調のさらなる悪化…

自助・共助・公助

菅さんが首相就任時の所信表明演説で国家観のビジョンとして「自助・共助・公助」というものを掲げた。まずは自分でなんとかせぇ、ダメなら周りの助けを借りろ、それでもいよいよとなったら仕方ねぇから国が助けてやる、という政治家としてあまりにケチくさ…

死神の足音

今週頭からずっと体調が悪い。熱はないのに、ずっと微熱のような気だるい脱力感。鼻水が少々出るくらいで、後は何の症状もない。そういえばここ1ヶ月くらい、何日かに一回お腹を壊すが、あまり関係ない気もする。新居の検討、妻の生理、仕事の多忙さなどの環…

福岡マイホーム事情

今週のお題「サボる」最近はマイホーム検討のことばかり書いている。仕事の合間を縫っては展示場に足を運び、さまざまなハウスメーカーの言い分を聞きながら、夫婦の希望を一歩ずつ擦り合わせている。正直8月中はろくに仕事が手につかなかった。予算達成見込…

白球という名のチケット

今週のお題「好きなスポーツ」時代錯誤だ、商業主義だと言われていることは重々承知の上で、それでもやっぱり高校野球が好きだ。一番古い記憶では育英高校の優勝を覚えている。まだ小学校に入ったかどうかという年齢の時だ。それから帝京高校の優勝。優勝決…

脆弱な貢献、上等!

「自分にとって必要のない命はぼくにとっては軽い」と、生活保護やホームレスの存在を軽んじた発言をyoutubeで配信したDaigoが炎上しているようだ。 まぁそりゃ炎上するよね、という見事なまでに擁護できない発言だけど、けしからんとぷりぷりして、伝播力の…

本番はこれから

ようやくオリンピックが終わった。福岡県は情勢的にはとっくに緊急事態だが、国としてはオリンピックの最中に緊急事態宣言は発表できないのか放置されたまま。とりあえず行政に管理されてるものは屋内外問わず片っ端から封鎖されて、完全自粛モード。ワクチ…

もう感動では撹乱させられないよ

東京オリンピックにまつわる一連の不祥事、不手際、不始末を経て残念に思うことは、これまでのオリンピックで人並みに感動し、興奮した思い出ごと汚されてしまったような気持ちになったことだ。平昌のスケート、アテネの体操、シドニーのマラソン、長野のス…

恥部の博覧会と化したオリンピック

いよいよ本当にオリンピックやる気なんだな。止まらない新型コロナウイルス感染者の増加、次々と噴出する五輪関係者のスキャンダル、関係者による暴行や薬物使用などの犯罪の横行、大規模な交通規制による市民生活の麻痺、チケット購入者の情報漏洩や抜け穴…

夢を与えないスポーツ

今日はスポーツ関連で嫌なニュースを二つ見た。まずは白鵬の優勝。取り組み結果だけ見れば全勝優勝という素晴らしいカムバックだが、実際の取り組みは大変見苦しいものだった。これは相撲ではない。エルボーやビンタが反則負けにならないのならばルールがお…

コートサイドの喝采

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」「痙攣が腹部まで来たらプレーは中止です。それ以上は命の危険がある。」タイブレーク前のメディカルチェックで、スポーツドクターからそう釘を刺された。 両太ももまで痙攣が進行し、ほぼ満足に歩行…