un deux droit

このブログには説明が書かれていません。

魂を売らせようと躍起になる愚かな支配者

昨日、支店に社長が来た。

社長はここ数年、年度末になると全社員と面談を下回っている。

通常ルートでは見落としてしまう個人の頑張りを救い上げるのが目的らしいが、それは評価制度と上司の存在否定に他ならないのでは、という野暮なツッコミはもはや誰もしないらしい。威張るしかやることのなくなったおじさんの悪趣味だ。うんざりしながら私は面談に臨んだ。

今期の業績と要因、来期に向けた改善点と具体的な施策を淡々と述べた後、社長は開口一番、内容そっちのけでこう言った。

「育休から復帰して大変だったか?」

私自身その事実を忘れていたので、別に特に変わったことはないですね、二回目なんで、と素っ気なく返すと、

「同期のAやBと比べて焦ったりしていないか?」

と追及を深めてきた。

AとBは同期の出世頭で既に役員と管理職に登り詰めている。彼らのプライベートとプライドを犠牲にした生活の割に肩書きだけで大した給料をもらっていないことを良く知っている身としては、別に彼らのことを羨ましいとも何とも思っていなかった。なので何を言ったらいいのかもわからず、

「まぁ、環境が違うんで比較のしようがないですからね。与えられた環境で自分にできることをやるしかないと思っています。」と呆けた顔でしおらしく答えておいた。社長はその回答にあまり満足しなかった様子を浮かべた。

正直なところ、この一年は家事と子育てが忙しすぎて仕事はまともに身が入っていない。営業の身分を最大限に生かし、就業時間などろくに守らず遅出中抜け早帰りとやりたい放題やらせてもらっている。無駄に目立つ地位にいて、日々の仕事っぷりを真面目に監視されたら参ってしまう。営業はノルマさえ達成しておればそうそう文句は言われないものだ。それを評価する上司が毎年目標未達なら尚更なこと。ありがとう部長ずっとポンコツでいてください。こんな最低限以下のコミットメントでも、安いながらも非正規雇用と比べれば十分な給料を自動で毎月振り込んでいただけるので感謝しかないのだ。

それにしても社長は私に何を言わせたかったのだろう。寝る前に面談を回想するとあまりにも単純な事実に気づいた。社長を権威ある人として認識することをしばらく忘れていたからすっかり見落としていたが、同期のAとBを出世させ、私をヒラに縛り付けているのは目の前のおっさん(社長)だった。つまり社長は、わたしが彼の人事権行使でプライドが傷ついていて、なんとか昇格してもらおうと尻尾を振る様が見たかったのだ。そのために彼はわたしの人格を掌握したかった。けれども長期の育休を2年も取るやつだから、私の価値観がまるでわからない。私の喉から手が出るほど欲しいものを彼が占有している関係を作り、それを目の前にぶら下げながら自分の意のままに私を操りたいのに、私がなかなか尻尾を見せなくて苛立たしいのだ。いやはやなんと底の浅い価値観だろうか(決め付け)。

私が喉から手が出るほど欲しいもの。それは残念ながら彼だけが差し出せないものなのだ。社長の退任。それこそが今、私が唯一会社に対して切に願っていることなのだから。

現状維持イコール後退という無慈悲な法則

コロナをきっかけにランニングを再開して以来走りまくっている。

無慈悲にも在宅勤務指令が解除されてしまったが、せっかく習慣化したランを諦めたくなくて、上司のスケジュールを見ながら自主的在宅勤務エンドランを決めてきた。

20代の頃はわざわざ走る人の気持ちがわからなかった。走るだけでなんの面白味もない。ただ疲労と洗濯物が余計に増えるだけ。意識高い系を気取ったいけすかないやつらだと決め付けていた。

しかし30代になり、ようやく走る人たちの気持ちがわかるようになった。自分の持って生まれた代謝だけでは気分良く日常を過ごすことができなくなったのだ。何もしていないでいると血流のドロドロした感覚に常に悩まされ、寝付きが悪く、寝起きの頭はスッキリせず、ちょっと頭を使うとすぐ眠くなり、肩が凝る腰が凝ると不具合のオンパレードに襲われる。これは要するに全身に多少負荷をかけないと筋肉や臓器が機能してくれなくなった、ということなんだろう。

ただ1日を気分良く快適に生きる。そんなことすらもいちいち体をメンテナンスしないと叶わない日がこんなにも早く来るとは…髪が薄くなっただのいつまでも安月給だのよりも健康問題の方が遥かに大事。体のメンテに時間を取れるだけ暇があることに心の底から感謝したい。

サザエさんエンドロール

テレビをつけるとサザエさんが放映されていた。

見るのは久方ぶりだ。

サザエさんシンドロームというものが世の中にはあるらしいが、私はそんな心境になったことがない。

明日の仕事がめちゃくちゃ楽しみみたいなことももちろんないが、幸いなことに自殺したくなるほど明日の到来を呪ったこともない。ただ1日が終わり、また新しい1日がやってくる。ただそれだけのことだった。

今日久しぶりに見たサザエさんは、私にとって祝福の鐘だった。長かった土日がようやく終わる。サザエさんからは、お疲れ様、とねぎらわれているような気持ちになる。ようやくこの長い連休にエンドロールが流れている。

コロナのせいでどこに行くあてもなくなり、幼子を2人抱えて私たち夫婦は途方に暮れていた。遊び盛りで、かつ一人遊びができない我が子達と朝から晩まで付き合ってやる×2セット。家事が滞るとそれはそれで平日詰むので、一緒に料理したり洗濯物を干したりとレジャーっぽくなる要素を家事に混ぜ込む工夫を凝らしてなんとかやり過ごした。

子ども達のことはもちろん大好きだが、だからといって疲れないわけではない。子どもとはしゃぎ回る体の疲労。子どもがふざけて怪我したりしないか気を張る心の疲労。子どもが怠けすぎず締めつけすぎないようにほどよくわがままを聞いてやったり叱ったり諭したり交渉したりする頭の疲労。はたから見たら呑気に遊んでいるようにしか見えない親子の間には、自立した個人と個人との真正面からの全力のぶつかり合いが繰り広げられている。

くたくたになり心が折れそうな時、ふと、子どもがいなかったらどんな生活してるんだろうと思うことがある。おそらくそれはそれで単調で退屈すぎて死にたくなるような日々だろうと想像する。

根拠はないのだが、人には定期的に死線を覗き込みたくなる厄介な性癖があると思う。その死線の水準は過去に最も己を酷使した瞬間で、おそらくその時に出た脳内麻薬の味が忘れられないのだろう。

自分が過去に最も己を酷使したのは高校時代に週7でテニス漬けになっていた日々なので、無意識にあの頃の追い込みを欲する体になってしまっていて、そのためにわざわざ難解な妻と子育てに没頭する日々を呼び込んでいるのだとしたら…嫌な仮説だ。

誤算だったのは、高校時代と同じ効果の脳内麻薬が分泌されないこと。原因は恐らく老化。弾がないのにひたすら撃ち続けている状態。残るのは絶望的な疲労だけ。ひょっとしたらエンドロールが指し示すのは日曜日の終焉ではなくて、己の健康の回復不能な毀損なのかもしれない。

テレワーク無くなるの嫌すぎる

当社では2週間ほど前から原則自宅勤務という運営が続いている。

社長から2月末に発信された通達の要旨は以下の通り。

 ■新型コロナウイルス対策

政府による大規模集客イベント自粛要請に呼応して、Jリーグやラグビ ー・各種コンサートなどが相次いで無観客試合や延期などの決断をしました。

その背景として、例えば東京オリンピックが中止になった場合の影響は計り知れないものがあり、この1~2週間で封じ込めを行なうことが、社会的使命であると考えます。

また政労使会合においてテレワークや時差出勤要請があったため各企業労使も緊急対策を検討しています。

わが社も、微力ながらこの社会的使命に呼応して、可能な限り在宅勤務や時差出勤などに協力しようと考えるに至りました。

つきましては、明日以降には顧客へアナウンスを行い 「3/2~3/15までの間、可能な限り電話やテレビ会議による手法に切り替えて在宅勤務やテレワーク、時差出勤、直行直帰にトライする」ことにします。

従業員の安全確保ではなくて、オリンピックのためかい!と従業員一同がずっこけたのはともかくとして、江戸時代の封建体制が社長の脳内にインストールされていたおかげで、安倍さんの一声に勝手に過剰反応してあっさりとテレワークが開始された。これまで社員会を通して散々テレワークの必要性を声を枯らして訴えてきたにもかかわらず一ミリの共感も示さず「いやおれ徒歩で通勤できるからかんけーねーし」と鼻くそほじってた社長が、こんなにあっさりとテレワーク導入するとは…と空しさを覚えなかったわけではない。政労使会合の視界に当社など入ってねーよ…しかし、とりあえずもらえるもんはもらっとけとばかりに、蜘蛛の子を散らすように従業員は各々自宅に引きこもった。

結果はお察しの通り、従業員満足度は激上がりである。意味不明な通勤ラッシュを回避でき、各々ランニングやヨガに勤しみ、エスプレッソコーヒーなどを堪能しながら優雅に仕事をできている。すべての行動が必要かどうか基準で決定される。

この訪問は必要か。必要だが移動して出向くのは不要。電話で良し。メールで良し。テレビ会議で良し。

この会議は必要か。全員は不要。必要なメンバーにだけテレビ会議の案内を出せば良し。参加するかどうかが一人ひとりの能動的なクリックに委ねられている快感。

全員の9時出社、朝礼、全員参加の部署会議、対面するから生じるスメルハラスメントは全て不要だった。わかりきっていたことが本当に体現されるというのは何とも心地が良い。

しかし、社長がこの環境に最初に音を上げた。自分の城たるオフィスに部下がほとんどこない。自分が下々の者を遣えているという毎朝味わっていた快感が得られない。スケジュールを見ると社長はこのテレワーク期間も毎日出勤していたらしい。涙ぐましい。

TDRは休園を延長したのに、当社のテレワークは延長しないらしい。

従業員は阿鼻叫喚の様相。

殿様が自分の権威を確認したいがための参勤交代。

いい加減討幕するしかないぞこれ。

ゾンビ企業

年度末になると、いつも悩む。

予算はいつも余裕でクリアしている。しかし手ごたえがない。

毎年同じことの繰り返しで、お客さんも自分も進歩が無い。

営業のための営業。購入のための購入。

何一つとして世の中は良くなっちゃいない。

もっと効率的で効果的な営業の仕方はなかったものか。

欲を言うならば、単に売上だけでなく、本当にお客さんのためになって、自分の成長にもつながるような仕事の割合をもっと増やすことはできなかったのか。

そして、こっちからあれこれ仕掛けなくてもお客さんの感度が高まり、自分への信頼も高まり、もっとチャレンジングな期待を相談してくれるようになれたのではないか。

また一年闇雲に終えてしまわぬようにと、これまた闇雲に営業本からネタを漁りまくる。

営業なんてなくなる。インサイドセールス。RPA。なるほど。

不安は煽られる一方で、何から手を付けていいのか皆目見当がつかない。

見当がつかない時点でもう不要の人材なのかもしれないと無限のマイナス思考ループに突入する。

それでもめげずに、一つ一つの事柄を丹念に検証していく。

そしていつも一つの結論にたどり着く。

 

お客さん、どこからも購買してないやん。

つまり、自分たちが提供している価値を、よそのどこからも購買していないお客さんがほとんどなのだ。

せめて自前でやっていてくれたら比較して優位性の勝負に持ち込めるけど、そもそも課題意識感じてない。

そうなると、おそらくいくらwebマーケティングをしかけてもクリックしてくれない。

そういうの欲しかったんだ!とどうやってもならないからだ。

サルにパソコンを売るようなもんで、まずは言語を習得させてから、文明を作って、倫理観を作って、高度な欲求を習得させて、ようやくコミュニケーションの効率化の話になる、みたいな。

効率化もくそもなく、まずは石投げつけられないように何度も接近してコミュニティに受け入れてもらう、みたいな気の遠くなる無意味な日常を繰り返すところから始めなければならないのだ。

そんな面倒なことをやりたい人なんてそうそういない。

だから競合もいない。

こういう中小企業、日本にはたくさんある気がする。

仕組みが出来上がっちゃって、ニッチで価値の低い商売で完結しちゃってる感じのやつ。

潰れない代わりに誰からも興味を持たれず、買収されたり競合に駆逐されることもない。

こういう仕事から楽しさを味わうにはむしろ徹底的にガラパゴス化していくしかない。

フィールドワークみたいなもんだから、どんどん自分の興味本位に突き進んでいくよりほかない。

それが嫌ならさっさと辞めた方がいい。

コロナウイルス対策について経営者があまりにも冷淡な態度なので晒す

「政府も感染拡大防止のため、テレワーク・時差出勤を推奨しておりますので、今回の対策検討の際にももちろん検討いたしましたが、経営判断として手洗いの徹底、マスク着用などによる予防策の徹底を優先し、現時点ではテレワーク・時差出勤を実施すべき段階とは判断しておりません。 

とはいえ、日々状況は変化していきますので、更なる感染拡大状況になった場合には、テレワーク・時差出勤の実施も再検討いたします。  

各自、引き続き感染予防策を徹底していただくとともに、満員電車、人込みでの行動にはお気をつけください。」


  要するに「何もしません」という宣言。ここまで無策だとかえって清々しい。もちろん大丈夫かもしれないよ。でも、従業員の不安に寄り添い、大切な存在だと思っているというポーズをとることで高まるエンゲージメントは金の亡者の君たちにとってプラスの効果があるんじゃないかと思うよ。そして顧客に対しても好印象だし。  とにかく情けない…

「正しいこと」が通るべき局面

コロナウイルスの蔓延で、クルーズ船の乗客がカンヅメになってる件。

感染防止策がお粗末であることを暴露した方に、中の人が反論して、暴露した方のやり方が悪かったみたいな風潮が出てきている。

中の人の反論として、「正しいことが必ずしも通るわけではない」というものがあって、それが少なからず共感を得ているようなのだが、暴露した人のやり方が青くさいと小馬鹿にする風潮には全く賛同できない。

まず大原則として、正しいことが通るべきだ。そこはほんと自信を持ってほしい。現実はそうでない、とか知った口を聞いて、理想を追求する人の口を噤ませようとしてはいけない。

そしてこういう緊急事態だからこそ、通常より正しいことを尊重せねばならない。内輪の理屈こそが一番邪魔だ。正論が通らないのは平時の余裕のある時だ。そういう時は方々の顔を立ててのんびりとことを進めれば良い。非常時はなりふりかまっていられない。残酷でも無慈悲でも正しい選択を選びただけなければならない。

あと、隔離されている人やスタッフの士気低下を懸念して真実を言ってはならない、みたいな話もあった。確かにそれは一理ある。しかし、どのみちすべての判断が何かしらのリスクを持っている。告発した人はリスクとメリットのバランスを見て告発した方がメリットがあると踏んでプロとしての決断をしたのだろう。ただ自分が摘み出された鬱憤を晴らしたかったからではなく、おそらく告発のタイミングではまだ感染の悪化を食い止めるオルタナティブがあって、その勝算に賭けたのだと思う。その勇気には感服する。

脇道にされるが告発というのはタイムリーでなくてはならない。全てが終わってから後出しで「実は…」とやる方がかえってタチが悪い。なぜならばその頃には都合の悪いこともすっかり隠蔽が済んでしまって、何が真実かは分からなくなってしまうからだ。

仮にこのまま何の方策の改善が見られなかったとしても、「あの時の失策」は確実に多くの人の脳裏に刻まれた。この生きた経験が次の予期せぬ事態への対応力を高める。その意味で賛否ある彼の行動に「賛」をもう一つだけ加えたいと思う。